雨漏りの原因はどこから?どうしたらいい?

2023年4月7日更新

「もしかしたら雨漏り?」と思ったら、すぐに対処することが鉄則です。

 

なぜなら雨漏りを放置することで、腐食が起こったりと
後々高額な修繕費用がかかってしまう可能性があるからです。

だからこそ、すぐに気づくことができるよう
日頃からお家の状態に気を配ることができたらベストですよね。

今回は、雨漏りの原因と、日頃からできる雨漏り対策をご紹介していきます!

 

 

◆雨漏りが起こる原因箇所5選

 

  1-屋根の壊れた部分  

現在は技術が発達して、ダメージに強いものが多い傾向にありますが、直接雨風を受けるダメージは大きいものです。

屋根スレートのヒビ、漆喰崩れ、瓦のずれなどから雨漏りになるケースも。

地震や台風などの外的要因や、経年劣化によって症状が現れることがあります。

 

 

 2- 給排水管と壁の隙間  

給排水管は、外壁や防水シートに穴をあけて通しているので、隙間があると雨水が侵入してきます。

 

 

  3-窓のサッシと防水シートの隙間  

サッシ枠と防水シートの隙間に雨水が侵入するケースがあります。

隙間を埋めているコーキングが、施工不良や経年劣化によって伸びたり、縮んだり、割れたりして隙間ができてしまうことがあるからです。

 

 

  4-ベランダのヒビ  

雨風にさらされる上、人の出入りで防水塗膜が擦れたりして劣化しやすいベランダ。

そのため、ヒビなどのダメージが外壁や屋根よりも早く発生しやすい箇所でもあります。

またベランダの排水口が、木の葉やほこりなどで詰まっていると雨水が流れていかずに、ヒビに入り込むこともあります。

 

 

  5-天窓 

今は性能の良い商品が出回っているので、雨漏りしにくくなっていますが、窓サッシのケースを考えると可能性は0ではありません。コーキングがヒビ割れしたり、経年劣化で漏れる可能性もあります。

 

 

 

 

◆日頃からできる雨漏り対策

  屋根や外壁を目で👁️‍🗨️チェックしてみましょう!  

無理せずに見える範囲で、以下の項目をチェックしてみましょう!

 

☑ベランダや庭先から見て、屋根にヒビが入っていたり、瓦がずれている箇所はありませんか?
☑外壁や、窓の繋ぎ目を埋めているコーキングが剥がれたり、割れたりしていませんか?
☑棟板金(屋根の頂点にある板金)が浮いていませんか?
☑経年劣化で気になる箇所はありませんか?

雨漏りは早く気づけば気づくほど、修繕の価格が抑えられます

普段から気をかけることが、もっとも大切な対処法になります。

 

 

◆DIYで直すのはおすすめしません

費用を抑えたいからといって、DIYで補修することはおすすめしません。

なぜなら、

 

・高所から落下する危険がある
・雨漏りの原因の特定が難しい
からです。
補修を行う場合は、応急処置として行い、専門業者に相談することをおすすめします。
 
 
 

◆まとめ:日頃からお家の状態をチェックし、雨漏りに早く対処できるようにしておきましょう。

雨漏りの原因箇所をまとめます。

 

①屋根の割れた部分
②給排水管と壁の隙間
③窓のサッシと防水シートの隙間
④ベランダのヒビ
⑤天窓

 

大切な我が家を守るために、何気なくでも日ごろから状態に気にかけておき、
雨漏りが見つかった時点で、早めに専門業者に相談し、修繕費用を抑えていきましょう。

 


浜松屋根工事店では、他店ではおしえてくれなかった話も、正直に、丁寧にご説明いたします!

お気軽にお問合せください。

浜松屋根工事店では



「屋根が色褪せたり割れたり…   
  外壁も劣化してきていそうで…  
     点検してもらえますか?」

などの思いに応える為、
点検・ご相談を無料で承っております。
お気軽にお問合せくださいね♪

\ ご相談の /

お問い合わせボタン
相談の風景

浜松屋根工事店(住まいるリフォーム)の
口コミ
はこちらから見れます♪

▼  ▼  ▼  ▼  ▼  ▼  ▼ 

住まいるリフォームの口コミ画像

 

   

静岡県のお客様の声

   

屋根工事の施工事例

   

静岡県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics