屋根工事のQ&A

葺き替えとカバー工法のメリット、デメリットの違いはなんですか?どちらの工法でメンテナンスした方がいいですか?

2021年9月21日更新

屋根の葺き替えとカバー工法のメリット、デメリットについては以下になります。

 

【葺き替え】

メリット

屋根が重くならず耐震性の向上を図れる

 

デメリット

工事費用が高め

カバー工法よりも工事期間が長くなる

 

【カバー工法】

メリット

解体や廃材処分がないため工事費用を安くすることができる

工事期間を短くすることができる

 

デメリット

屋根が重くなるため耐震性に影響する

 

一見するとメリットの多いカバー工法の方がいいのではないかと思われるかもしれませんが、既存屋根の上に新しく葺くため屋根が重くなるのがネックです。屋根が重くなれば地震の揺れに対しても大きくなるため、十分な耐震性が確保されている必要があります。

 

どの工法が適しているかは建物の状態や屋根形状などで変わってきますので一概には言えません。屋根リフォームをご検討している方は、まずは専門業者に建物を見てもらいどの工法が適しているか判断してもらうことをお勧めします。

 

浜松屋根工事店は無料で建物診断を行っておりますので、屋根のことでなにかご相談があればお気軽にお声がけください。お客様のご要望などもふまえて最適なご提案をさせていただきます。

 

無料診断についてはこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

 

屋根リフォームの各工法は以下のページをご覧ください。

 

「屋根葺き替え」

 

「屋根カバー工法(重ね葺き工事)」

“””

浜松屋根工事店では



「屋根が色褪せたり割れたり…   
  外壁も劣化してきていそうで…  
     点検してもらえますか?」

などの思いに応える為、
点検・ご相談を無料で承っております。
お気軽にお問合せくださいね♪

\ ご相談の /

お問い合わせボタン
相談の風景

浜松屋根工事店(住まいるリフォーム)の
口コミ
はこちらから見れます♪

▼  ▼  ▼  ▼  ▼  ▼  ▼ 

住まいるリフォームの口コミ画像

 

   

静岡県のお客様の声

   

屋根工事の施工事例

   

静岡県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics